近江商人の商売十訓

近江商人の三方良しは、良く知られていますが商売十訓もあるんですね。
読んでみてとても良いことが書いてあります。
そして、現代の商売にも十分役立ちます。

  1. 商売は世のため、人のための奉仕にして、利益はその当然の報酬なり
  2. 店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何
  3. 売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客つくる
  4. 資金の少なきを憂うなかれ、信用の足らざるを憂うべし
  5. 無理に売るな、客の好むものを売るな、客のためになるものを売れ
  6. 良きものを売るのは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり
  7. 紙一枚でも景品はお客を喜ばせる、つけてあげるもののないときは笑顔を景品にせよ
  8. 正札を守れ、値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ
  9. 今日の損益を考えよ、今日の損益を明らかにしないでは、寝につかぬ習慣にせよ
  10. 商売には好況、不況はない。いずれにせよ儲けねばならない

商売は、世のため人のために奉仕するためにあるというのも納得です。

個人的に、相手を気持ちよくしてものを売るというのが苦手なので、近江商人の考え方が好きです。

客のためになるものを売れというのもそう思います。

値引きも気持ちが落ちるからやりたくないですね。
これから、2017年4月に向かって新年度に切り替わりますが、新たな気持でスタートします!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA